teacup. [ 掲示板 ] [ 掲示板作成 ] [ 有料掲示板 ] [ ブログ ]


スレッド一覧

  1. 足あと帳(422)
スレッド一覧(全1)  他のスレッドを探す 

*掲示板をお持ちでない方へ、まずは掲示板を作成しましょう。無料掲示板作成

新着順:34/5036 記事一覧表示 | 《前のページ | 次のページ》

あなたの若い日に

 投稿者:主の奴隷・ヨナ爺  投稿日:2022年 5月11日(水)07時30分43秒
  通報 返信・引用
  あなたの創造者を覚えよ

【わざわいの日が来ないうちに
 「何の喜びもない」と言う年月が近づく前に】伝道者の書12:1

ナハ爺…
今でも心は若いが、肉体はかつてのような無理は利かず、外の椅子にグッタリ腰掛け、草花を観ている。18歳の頃は他愛無いコトに心は踊ったが(可愛い娘に微笑まれただけで嬉しさは3日も続き デートして有頂天になったりすると心の嵐は3ヶ月も続いた)、今でも近所の出戻りコブ付き姉ちゃんに「おはようございます!」なんて挨拶されると嬉しいけれど、ヤバイことにはならないという絶対の自信があるゆえ刺激もニャー。何かの拍子に下着が見えても、若いときなら《百万両!》の価値であったのに今なら《一文!》、それもイヤラシイ気持ちゼロ。草花を眺めるのと一緒。
(チビ会社に勤めていたころの部下・向山くんの話しを思い出した 「こないだせ オヤジと二人で垣根の草むしりしてたらせ 隣りのババーが尻をこっちに向けションベンし始めたじゃねえかい 汁が飛ぶ中モロに見ちまって オヤジと顔を見合わせたけんど さすがに夕飯食えなかったなぁ…」)棺桶間近の婆さんではなく年頃の娘だったら親子の感情も違っていたろうね。

老いると価値観が変わって来て、モノゴト頑なになる。
それにしても、オナゴに狂っていた若い日に【汝の造り主を覚えよ】だなんて、もしかしたら深い意味があるのかもしれないよ。 女房になる人と初めて出会ったとき、彼女は白いミニスカートを穿いていた。わしゃ聖書を熱心に読むフリしながら上目遣い《モちょっと脚開いてくれ…;》、こんな奴でした。


結局つまりアレなんす。
昨日の古代イスラエル感想ですが、何を言わんとしたかと申しますれば、ローマ軍に完膚無きまでに打ちのめされ、老若男女1人も住めなくなっているのです。つまり、地理的イスラエルは神に見捨てられ、極東の島々・日本列島に移り住むよう導かれていますね。←これを確信させられるに至ったのは、かつてのスケベ青少年で今の老い耄れヨナ爺ちゃん、というワケなんす。
 
 
》記事一覧表示

新着順:34/5036 《前のページ | 次のページ》
/5036