teacup. [ 掲示板 ] [ 掲示板作成 ] [ 有料掲示板 ] [ ブログ ]

 投稿者
  題名
  内容 入力補助画像・ファイル<IMG>タグが利用可能です。(詳細)
    
 URL
[ ケータイで使う ] [ BBSティッカー ] [ 書込み通知 ] [ 検索 ]


WALKINGの会4回目のご案内

 投稿者:70年度 福谷  投稿日:2018年11月 3日(土)22時45分2秒 p1473118-ipngn200302osakachuo.osaka.ocn.ne.jp
返信・引用
  誠に急なことで申し訳ありませんが、4回目を以下の通り開催します。
開催日・集合場所 11月10日(土)9:00湖西線志賀駅集合
行先       比良山南部縦走 ロープウェイで琵琶湖テラスまで上がり、蓬莱山~小女郎池~
         権現山~栗原~和邇駅
詳細及び連絡先は伝言板をご覧くださいませ。

http://W

 
 

関西支部忘年会のお知らせ

 投稿者:59年度 本多邦一  投稿日:2018年11月 2日(金)10時06分51秒 p1024065-ipngn200809kobeminato.hyogo.ocn.ne.jp
返信・引用
  ※DCAC(関西支部)忘年会 ご案内※

1、日 時  12月1日(土) 受付 4:00pm
                開始 5;00pm
2、会 場  ホテルセイリュウ(東大阪市上石切町1-11-12)近鉄奈良線石切駅南口徒歩5分
       072-981-5001

3、会 費  7,000円、 宿泊希望者は別途12,000円(朝食込み)

4、申し込み 11月20日までに本多まで。30日午前中までは変更可能

※申し込み先 本多邦一
住所   577-0057 東大阪市足代新町13-25
電話FAX 06-782-4926
e-mail penny-black@gaia.eonet.ne.jp

ホームページを見れない人も沢山います。連絡取りあってたくさんの参加お待ちしています
                       以上
 

「白馬キノコ狩り」(2)

 投稿者:69' 河村  投稿日:2018年10月31日(水)15時06分12秒 121-82-128-195f1.shg1.eonet.ne.jp
返信・引用
  今回は、メンバーの友人で、常連の方々に加え新しい方も参加され、より楽しいものになりました。
松田氏の友人で千葉岳連の山崎氏、谷岡氏の熱気休仲間で小生の会社先輩の泉野氏が新規に参加され、又、常連の木本氏(萱野氏友人)、下玉利氏、中村さん(藤井氏友人)も懲りずにご参加頂きました。
萱野さんも病み上がりを押してのご参加、他、色々故障を抱えながらのご参加の方もおられ、感謝申し上げます。
安曇野に居を移し、今はリンゴ園で働いている松下氏も差し入れを持って飛び入り参加され、喜ばせてくれましたが、連絡すれば特上の「訳ありリンゴ」を格安で分けて貰えるとの事。

(参加者)(敬称略)
56’:河崎
57’:萱野、(木本)
63’:藤井、(下玉利、中村w)
64’:小辰w、
69’:谷岡夫婦、河村、(泉野)
70’:下山
71’:日野w
74’:松田、(山崎)、大塚、
82’:松下、
83’:岩滝、 (計 18名)


 

「白馬キノコ狩り」報告(1)

 投稿者:69' 河村  投稿日:2018年10月31日(水)13時56分8秒 121-82-128-195f1.shg1.eonet.ne.jp
返信・引用 編集済
  恒例の「白馬・キノコ狩り」、天候的には万全とは言い難かったですが、沢山のご参加を頂き、盛況だったと思います。
幹事の谷岡夫妻と、いつも歓待してくれる昇盛館の皆さんにはただ感謝です。

27日がキノコ狩り本番でしたが、昨夕よりかなりの降雨があり、殆ど沈殿を覚悟しておりましたが、当日になると時折青空も拝めるようになり、なんとか峰方に繰り出すことができました。

移設五龍小舎の辺りでは紅葉も進んでおり、夜来の雨に濡れた針葉樹や色とりどりの落葉が木漏れ日に光って、清涼な空気と晩秋の静謐な風情が、乾いた身に沁み込んでくるようです。

頂上付近を雲の中に隠した後立の山々を背景に、樹林の中を徘徊すると、退屈しない程度に艶やかに光るジゴボウ(ハナイグチ)やムキタケなどが可憐な姿を見せてくれます。
他に、チャナメツムタケやオシロイシメジ、クリタケなど、そこそこの収穫があり、不慣れな私なども大変満足な一日となりました。

午後は、峰方の少し奥にある河崎初代会長の山小舎(堀田山荘)を訪問し、豪雪や水の確保など自然の猛威に数十年に亘って抗い続け、ロマンを全うする事の過酷さを問わず語りに思い知る事が出来、頭が下がる思いでした。
ただ、河崎先輩も流石に傘寿(80歳)を迎えられ、体力・気力の減衰を覚えられたとの事で、小屋の活用でアイデアがあれば出してほしいとの事でした。

27日の夜は、例によって山菜やキノコ他山海の珍味満載の昇盛館料理に舌鼓を打ち、谷岡夫婦特製の「またたび酒」、「?酒」、萱野大先輩や松田氏持参ののワインなどで大いに盛り上がっておりました。
 

劔立山 2

 投稿者:88年度 小川  投稿日:2018年10月 6日(土)09時11分2秒 M014010128096.v4.enabler.ne.jp
返信・引用
  劔は初めて一般ルート登りました。  

劔立山

 投稿者:88年度 小川  投稿日:2018年10月 6日(土)09時08分24秒 M014010128096.v4.enabler.ne.jp
返信・引用
  久しぶりに雷鳥沢ベースに劔立山に行ってきました。
晩秋の紅葉あり、朝焼けあり、吹雪ありの3泊4日でした。
10/1 京都→室堂→雷鳥沢キャンプ場
10/2  立山
10/3  劔
10/4 奥大日 下山
 

WALKING3回目中止のご案内

 投稿者:70年度 福谷  投稿日:2018年10月 5日(金)14時45分39秒 om126133008166.21.openmobile.ne.jp
返信・引用
  WALKING 3回目「金勝アルプス」は 天候不良のため中止します。

http://W

 

西穂アタック写真追加

 投稿者:75年度 藤岡  投稿日:2018年 9月24日(月)21時06分16秒 FL1-118-110-6-58.osk.mesh.ad.jp
返信・引用
  写真追加  

西穂高アタック山行報告写真

 投稿者:75年度 藤岡  投稿日:2018年 9月24日(月)20時54分33秒 FL1-118-110-6-58.osk.mesh.ad.jp
返信・引用 編集済
  添付の仕方がよく解らない。はじめてなもので。  

西穂高アタック山行報告写真

 投稿者:75年度 藤岡  投稿日:2018年 9月24日(月)19時21分27秒 FL1-118-110-6-58.osk.mesh.ad.jp
返信・引用
  写真  

西穂高アタック山行報告

 投稿者:75年度 藤岡  投稿日:2018年 9月24日(月)19時02分15秒 FL1-118-110-6-58.osk.mesh.ad.jp
返信・引用 編集済
  写真  

西穂高アタック山行報告

 投稿者:75年度 藤岡  投稿日:2018年 9月24日(月)19時01分4秒 FL1-118-110-6-58.osk.mesh.ad.jp
返信・引用
  日 時
 2018年9月23日  8:50~15:25

メンバー
 L 稲垣(72年度) 高橋(73年度) 大塚(74年度) 藤岡(75年度)

ピッチタイム
 西穂高口駅(8:50)-西穂山荘(9:40~9:45)ー独標(10:30)ー独標下コ(10:40~10:45)
 -西穂頂上(12:15~12:20)-独標渋滞時間待(]13:40~13:55)-西穂山荘 (14:30)
 -西穂高口駅(15:25)

 秋の長雨が前日午後より上り、快晴の秋晴れ登山となった。
 10年ぶりのアルプスというメンバーもおり、「ホントにピークまでいけるんかいな」とか、
「○○時に××まで行けなかったら引き返す」などの前日の作戦会議決議に基づき平均年齢64歳
 のロートル隊はそれでも順調に高度を稼ぎ、アルパインガイド標準行程を一時間圧縮。
(ああシンド)。
 稜線に出てからは、槍穂高・笠はもとより三俣蓮華から薬師岳、遠く白山、南アルプス、
 富士、越後の山々と360度のパノラマを満喫。足下には這い松と紅葉を始めたナナカマドが
 美しい岩稜を軽やかな足取りで闊歩。 (笑)
 ヘロヘロになりながらも、無事に下山しました。

知り得た情報および反省会の意見
・しらかば平まで自家用車で上がれる。(大阪からなら名古屋からレンタカーという手も)
・客が多いと臨時便を出す。かつ第2ロープ―ウェーが先に出る。(今回は7時始発)
・ネットに載ってる西穂高口駅の水汲み場は使えない。しかし3Fの食堂の水道が使える。
・奥飛騨温泉郷神坂の「旅館たにぐち」おすすめです。1日3組(12人)迄みたいだが。
・岐阜は登山届がスマホでできます(オンライン登山届で検索)。

「岩稜の一般路はヘルメットが要るな。(装着者も多い)落石、落下、転倒有るし。」
前日折り畳み式(エーデルリッドマディーロ)を購入した稲垣さん(エライ)、
「もうこんな山二度と行かヘンよって売ったろか」  その他のメンバー「俺らも行かんから
 、要らん。」
「ゆっくり景色見る間も無かった。大人の山行せないかんな。」
「西穂山荘前泊やで。でも旅館の飯も温泉も捨てがたいしな。」
「下山して温泉浸かりたかったな。」etc。
                             文責 藤岡
 

尾瀬に行くなら

 投稿者:82年度 松下  投稿日:2018年 9月24日(月)17時06分33秒 softbank221028095125.bbtec.net
返信・引用 編集済
  昨日、日帰りで尾瀬に行ってきました。

同好会同期の桂田くん(82年度生)は、尾瀬でペンションを経営しています。
立ち寄ってみましたが残念ながら留守でした。
桂田くんは、とても気さくな人柄なので、尾瀬に行かれる際には、ぜひ、利用してみてください!
(各所へ送迎あり)

ペンションオウレット
〒378-0408
群馬県利根郡片品村咲花2792-78
電話:0278-58-4824
URL:http://p-owlet.com/
 

雨の白馬

 投稿者:82年度生 松下  投稿日:2018年 9月 9日(日)12時10分40秒 softbank221028095125.bbtec.net
返信・引用 編集済
  今年、ぼくは雨男のようです。

北海道クワウンナイ川遡行の大雨中止に始まり、
お盆は、片岡くん(87年度生)と八方尾根から唐松岳に向かうも大雨 → 昇盛館にて沈殿。
先週は、岩滝くん(83年度生)・岩崎さん(92年度生)・岩崎さん娘のゆうきさん(=ぼくの弟子3号)と八方池に向かうも雨 → 昇盛館にて沈殿。
翌日はなんとか雨が上がり、4人で栂池自然園を散策できました。
栂池自然園はガスの中でしたが、「キヌガサソウ」「チングルマ」「イワショウブ」「タムラソウ」「ウスユキソウ」などを見ることができました。

・・・でも、やっぱり山は晴れがいいなあ~

 

WALKINGの会 3回目のご案内

 投稿者:70年度 福谷  投稿日:2018年 9月 8日(土)21時39分9秒 om126133000127.21.openmobile.ne.jp
返信・引用
  WALKINGの会2回目(奥島山行)は多くの皆様の参加申し込みにもかかわらず、天候不良のため中止となり残念でした。3回目は湖南の金勝アルプスにて開催します、ご参加いただきますようご案内申し上げます。
開催日         10月6日(土)
集合場所及び集合時間  JR草津駅改札付近に 8時50分 集合(9時発のバスに乗ります)
行程          JR草津→上桐生→落ヶ滝→天狗岩→白石峰→磨崖仏→上桐生
            歩行4時間程度(休憩含まず)
持ち物         弁当、水筒、雨具、帽子、タオル、etc
参加申し込みは福谷までお願いします 携帯      090-5053-7611
                  携帯メール alps.10000jaku@docomo.ne.jp
                              PC          alps.10000@outlook.jp



http://W

 

18年度プレ夏および夏合宿の終了のご報告

 投稿者:17年度 寺部直樹  投稿日:2018年 9月 7日(金)10時20分23秒 pd2ae180c.kyotnt01.ap.so-net.ne.jp
返信・引用
  皆様、いつもお世話になってます。17年の寺部です。
今年は春学期を含め本当に天候に振り回されてきましたが、なんとか18年度のプレ夏合宿・夏合宿を歩ききることができたため、簡易ではありますがご報告いたします。

今年の合宿は以下のような行程で行ってまいりました。
【プレ夏合宿(白馬)】
1日目:京都駅=松本駅=白馬駅~グリーンスポーツの森キャンプ場 C1
2日目:C1=栂池高原駅=自然園駅~白馬大池山荘~白馬岳~頂上宿舎 C2
3日目:C2~白馬岳~白馬大池山荘~蓮華温泉=糸魚川駅

【夏合宿(常念・表銀座縦走)】
0日目:京都駅=(夜行バス)
1日目:(夜行バス)=上高地バスターミナル~徳沢~長塀山~蝶ヶ岳 C1
2日目:C1~蝶槍~常念岳~大天荘 C2+大天井岳
3日目:C2~大天井ヒュッテ~西岳ヒュッテ~水俣乗越~槍ヶ岳山荘 C3+槍ヶ岳
4日目:C3~飛騨乗越~槍平小屋~白河出合~新穂高ロープウェイ=高山駅

プレ夏・夏合宿共に、風が強かったりガスであまり視界が良くないなど条件があまり良くない中、新入生たちは(去年の自分たちと比べても)本当によく頑張ってくれたと思います。

既にプレ夏合宿(白馬)までは現役のブログにてその様子を紹介しておりますので、お手すきの際にご覧いただければ幸いです。(ブログの方には下記URLよりアクセスできます。)
夏合宿に関しては記事ができましたらまたご連絡いたします。

今後とも、現役の活動をよろしくおねがいします。(写真は夏合宿のものになります。)

https://blogs.yahoo.co.jp/d_sangaku

 

南比良峠

 投稿者:?61渡辺新次郎  投稿日:2018年 9月 1日(土)16時13分26秒 125-9-102-197.rev.home.ne.jp
返信・引用
  過日、比良のイン谷に車を置き、堂満東陵道~堂満岳~南比良峠~イン谷を歩いてきた。朝8時に出発し、帰ってきたのは午後5時、9時間の山歩きである。何故にこんなに時間がかかったか?
同行者は71歳、1000mを超える山は初めての御仁で、最近筋トレや町のカフェで一緒に時間を潰したり、相談のままにモンベルで山道具を買ったりしている。
とにかくご仁もフーフしながらも頑張って標準時間とやらを少しオーバーするぐらいで堂満のテッペンにたどり着き、琵琶湖を愛で、コーヒを入れ、昼飯を楽しんだ。しばらくして3人のおばちゃんが登ってきて、彼女らとどうでもいい話を愉しみ、写真を撮ったりして、北比良峠へ行くという彼女等と別れ、
我々は南比良峠に向かった。比良の縦走路は美しく心洗われる。峠からの下山道は全く踏み跡という様相でチョット怯んだが、赤テープも丁寧に続いているので「行こう」と決めた。ところが200mほど下ると踏み跡も消え、その代わり延々と虎ロープ白ロープが張られている。その高度差にして150mそれも急斜面もいいところ、万が一ロープから外れれば止めようもないという景色。ハラハラしながら下って来る同行者を見守る。彼もブツブツ騒がず、静々と降りてくる。見直した。2時間の悪戦苦闘で、やっと深谷小屋(廃屋)に出て、あとは深谷沿いに下りに下る。赤テープがしっかりしているので間違えることはない。
ところがである、ノタノホリへ入る道が、無いのか、見過ごしたのか見つけることができず、やむなぐるっと1周湖西道路までテクテク、イン谷まで戻ったという次第!10年ほど前この南比良峠への道を一人で登っているのは間違いないが、あんな延々たるロープは記憶にない。ロープ箇所が伸びたのだろうか。それとも痴のはしりかな。いずれにしろ南比良峠は上り下り使わないほうがいいでしょう。シンドイだけです。薬を4種類ほど服用している同行者もよく頑張りました。今日会ったらあれから体の調子は良くなったらしいです。ホントかな~ ほんとなら嬉しいけど
 

忘れえぬ冬の白馬乗鞍での判断

 投稿者:56年度 河崎勝昭  投稿日:2018年 8月30日(木)23時31分44秒 pknn003-043.kcn.ne.jp
返信・引用
  多感な4年間の青春時代を過ごした今出川、学生会館が改装され、真新しい寒梅館で行われた関西支部のOB会、何十年ぶりかの会員に会えるなど、時を忘れてひと時を過ごしました。企画準備に尽力してくれた福谷君たちに厚くお礼を言います。
 散会後、階下の喫茶室で休憩中、たまたま5年後輩の61年度の渡辺君と話す機会があり、
50年前の冬山山行に話が及び、長年お互いに心にわだかまっていたことを初めて話し、50年ぶりの和解ができました。
 昭和41年正月、翌年の杓子岳双子尾根―白馬岳の同好会創立10周年記念山行の予備合宿として、栂池から入山、悪天の中、白馬乗鞍に着きました。激しい地吹雪で視界が遮られ、現在地も正確に確認できないままテントを張りました。当時はまだ会として冬山の経験も少なく、常念遭難の直後で、リーダーの私は必要以上に慎重でした。翌日の小蓮華岳アタックにも慎重で、夏山部門出身で冬山経験の少なかった渡辺君の同行を認めず、私とベースに留まるよう告げました。これには、はるばる長崎から参加した彼にはかなりショックで、その不満は50年たった今まで消えずにいたと告げられました。今では初心者でも何の問題もないルートで、私の判断の不適切だったことを、改めて渡辺君に謝りました。
 当時の記録が見当たらず、記憶もおぼろげで、船越の頭まで行ったかどうかも定かでありません。メンバーだった祖父江、小林、中嶋の三君はすでに他界し、残りのメンバーも少なく、確かめようもありません。古いアルバムに、ベースから小蓮華岳を望むその時の写真があったので添付します。
 

DCAC「夏の集い」写真

 投稿者:70年度 福谷  投稿日:2018年 8月30日(木)11時54分26秒 em119-72-193-90.pool.e-mobile.ne.jp
返信・引用
  多くの会員の皆様にご参加いただき、ありがとうございました。
河村さんの写真にあわせて、福谷の撮った写真もご覧ください。

(アングルなどよく似ていますが、ご容赦くださいませ)

http://W

 

DCAC「夏の集い」写真

 投稿者:70年度 福谷  投稿日:2018年 8月30日(木)11時49分4秒 em119-72-193-90.pool.e-mobile.ne.jp
返信・引用
  2018 DCAC「夏の集い」写真NO2

http://W

 

レンタル掲示板
/18