teacup. [ 掲示板 ] [ 掲示板作成 ] [ 有料掲示板 ] [ ブログ ]

 投稿者
  題名
  内容 入力補助画像・ファイル<IMG>タグが利用可能です。(詳細)
    
 URL
[ ケータイで使う ] [ BBSティッカー ] [ 書込み通知 ] [ 検索 ]


京都・背割り堤・花見

 投稿者:69' 河村  投稿日:2019年 4月10日(水)23時37分43秒 182-167-136-204f1.osk2.eonet.ne.jp
返信・引用 編集済
  少し前、下記の記事を投稿しようとしていたのですが、添付しようとした
写真が大きすぎたようで、投稿できませんでした
少しサーバー側にも問題があったようですが、画像を小さくすることなど
常識で、いつもやっていることなのに、小生もボケが忍び寄ってきている
のかもしれません。
管理人のMさん、どうも有難うございました。
ーーーーーーーーーーーーーーーーーーーーーーー

 去る4月5日(金)に、京都は八幡の背割り堤に花見に行って参りました。
 毎年、同様の時期にこの地を訪れ、約1.5kmの堤に咲き誇る桜の競演を
堪能してきたのですが、今年は少々趣を異にしていました。

 昨秋の台風禍により、樹齢数百年の大樹が少なからず根元から薙ぎ倒され、
又、土手の地を這うように長く伸びた大枝や天空高く屹立していた枝々が
無残に折れ伏している様を見るのは辛いものがありました。
 実際には、残骸は片づけられ、折れた枝々には丁寧に防腐剤が塗られ、
形はそれなりに整えられておりましたが、昨年までの幾重にも重ねられた
桜のトンネルが随分薄く空疎になっている印象が残るのは蔽うべくも
ありません。

 でも、この「背割り堤」の魅力は、なんといっても、空はどこまでも高く、
緑の地平はどこまでも遠く、やはらかな陽光の下、遠く桜並木の放列を眺め
乍ら、圧倒的な解放感の中に身を置くことにあります。
 家内と息子夫婦、そして5カ月になる初孫と一緒に寝転んで、草いきれと
春風に嬲られながら、おにぎりを頬張るひと時がなにより貴重に思えます。
 こうしてみると、満開を間近に控えた、やや華やかさに欠ける桜並木も、
案外素朴で、剪定を済ましたあとの庭園に似た爽やかささえ感じるのは、気の
せいでしょうか?
 
 

WALKING5回目中止の連絡

 投稿者:70年度福谷  投稿日:2019年 3月29日(金)16時20分13秒 M014010062064.v4.enabler.ne.jp
返信・引用
  3月30日に予定しておりました WALKING5回目 三上山は参加者がありませんでしたので、
中止にします。
 

WALKING 5回目のご案内

 投稿者:70年度 福谷  投稿日:2019年 3月10日(日)22時01分41秒 p1473118-ipngn200302osakachuo.osaka.ocn.ne.jp
返信・引用
  開催日 2019年3月30日(土)
行先  三上山(近江富士)~北尾根縦走路~妙法寺山
集合  JR野洲駅改札付近に9:00頃 お集まりください
    大阪からは8:00発、京都からは8:30発の〈新快速米原行き〉に乗車ください。

歩行距離 9,3km 時間 5時間程度
持っていくもの 弁当、水筒、雨具、帽子、タオル、杖 etc
参加の方は「新伝言板」に同内容の案内を掲載しておりますので、「返信フォーム」より
ご連絡いただくか、直接 福谷の携帯 090-5053-7611までご連絡ください。
天候不良のときは中止します。

http://W

 

上富良野岳山スキー

 投稿者:73年度 後藤  投稿日:2019年 3月 9日(土)10時17分8秒 softbank221028095125.bbtec.net
返信・引用
  先日、帯広に住む兄と兄の山仲間と一緒に、十勝温泉から上富良野岳へ山スキーに行きました。
標高は2000mに満たない山ですが、その素晴らしさは北アルプスの3000m級の山に匹敵します。
北海道の山は最高です!
 

北海道スキー

 投稿者:82年度生 松下  投稿日:2019年 3月 1日(金)23時44分34秒 softbank221028095125.bbtec.net
返信・引用
  「山スキーこうてん。大雪滑るから松下も山スキーこうて一緒に滑ろう!」

年明け早々にこんな連絡が後藤さん(73年度生)からありました。
無職のぼくにそんな贅沢なものは買えない旨を伝えると、
「メシくらい食わせてやるから、北海道に滑りに来きたらええねん。」
ということで、メシに釣られて旭川に行くこととなりました。

◆2月25日(月) カムイスキーリンクス
◆2月26日(火) ぴっぷスキー場

さすが北海道!!
いずれのスキー場も標高が低いわりには雪質は最高で、ノンストップで思いっきり飛ばすことができます。
後藤さんは、今年10回目のスキーだそうで、上から下まで優雅に滑走されていました。
ぼくも、もう少し年をとれば、後藤さんのようにおちついて優雅に滑れるようになるのかしら?

来週、後藤さんはお兄さんと十勝岳に山スキーに行かれるとのことで、ほんまに、うらやましいかぎりです((p(*>ω<*)q))

山スキー、ほしいなあ~。

写真上から
・カムイスキーリンクス最上部
・スカルパのブーツを自慢する後藤さん
・ぴっぷスキー場のジビエ(鹿肉)カレー大盛600円也 
 

「伝言板」について

 投稿者:82年度生 松下  投稿日:2019年 2月 5日(火)10時37分51秒 softbank221028095125.bbtec.net
返信・引用
  会員各位

先日、掲示板提供企業より、本会が「伝言板」として利用しているサービスは2月末をもって終了する との連絡がありました。
つきましては、新たな「伝言板」を以下とおり作成しましたので お知らせいたします。
今後は、以下の新「伝言板」をご活用下さい。
なお、本会ホームページのメニューにも「(新)伝言板」として追加しております。

◆新「伝言板」
 http://dcac.bbs.fc2.com/

【参考】
 旧「伝言板」
 http://alpinist.progoo.com/bbs/

<使用上のポイント>
・メッセージに、電話番号・メールアドレス等個人情報は記載しないよう ご注意ください。
・返信フォーム、投稿フォームの「URL」・「メールアドレス」は記載不要です。
・返信フォーム、投稿フォームの「パスワード」(任意)を設定すると、事後、修正・削除が可能となります。
・「投稿」ボタンを押した後、4ケタの数字を入力するよう指示がでます。4ケタの数字を入力後、「このまま投稿する」ボタンを押してください。
・スマホで閲覧する場合は、その設定等にもよりますが、トップページの右上にある「PC」ボタンを押すと文字が大きくなります。

また、旧「伝言板」のバックアップは、本会ホームページの「アーカイブス」にPDFファイルで保存してあります。

松下 拝

【本件連絡先】
 daadcac※gmail.com
 ※を@に変更して送付してください。

~~~~~~~~~~~~~~~~~~~~~~~~~~~~~~~~~~~~~~
同志社クローバー山岳会ホームページ
http://dcac1957.net/
 

Mt.乗鞍スキー合宿

 投稿者:82年度生 松下  投稿日:2019年 2月 1日(金)16時59分50秒 softbank221028095125.bbtec.net
返信・引用 編集済
  先週の土日、Mt.乗鞍スキー場で、ぼくの弟子3号(ゆうきさん)のスキー訓練を行いました。

昨年の3月に引き続き、2度目の訓練でしたが、あっと言う間に、中級斜面で大回り・小回りをこなすまでに上達しました。
教え方がいいのか、もともとの素質なのか・・・2年前に乗鞍岳を走って登り、走って下りた運動神経を考えると・・・きっと後者でしょうね。
今後が楽しみですが、この春から中学生になるので、そろそろ、おっさんとは遊んでくれへん年頃やなあ~ と思うと少しさびしいです。
また、新しい弟子を探さなくては!!

【参加者】岩滝くん(83年度生)・岩崎さん(92年度生)・岩崎さん娘のゆうきさん(=ぼくの弟子3号)・松下(82度生)

※3枚めの写真は岩滝くんが差し入れしてくれた栃木県の三ツ星いちご「スカイベリー」。
 とても美味しかったです!!
 ありがとう岩滝くん(^^)/
 

College Songの和訳は

 投稿者:70年度 下山博充  投稿日:2018年12月 2日(日)22時39分53秒 p1024065-ipngn200809kobeminato.hyogo.ocn.ne.jp
返信・引用
   過日寒梅館で開催された夏の集いの折に「College Song」の和訳を知っている人はいるかとの話題が有りました。
 当日は、歌えるが正確な意味は知らない、One Ppurpose=同志社だね、英語の古語が使ってある、などの話が出ましたが誰も正確な意味は言えませんでした。
 大先輩の河崎勝昭兄から12月1日の奈良支部忘年会において資料を元に説明いただきました。
 下記資料を参照ください。
 作詞:W.M. Vorise
 訳詩:児玉 実英
 作曲:Carl Wilhelm
 正式な詩なので、1・2行、3・4行、5・6行、7・8行末尾にちゃんと韻を踏んでいる。
 1900年初めには作られていたようだ。エール大学も同じ曲で歌っている。などの話を伺いました。
以上
?
 

WALKING4回目 記録

 投稿者:70年度 福谷  投稿日:2018年11月13日(火)22時43分53秒 om126133000148.21.openmobile.ne.jp
返信・引用
  WALKING4回目は11月10日 紅葉の比良 蓬莱山から権現山です
天候 晴れ 風強し
参加者 70年度 林 隆子さん、山路さん(GUESTで林さんのお友達)福谷の3名です
時間と、しんどい登りをパス、ロープウェイで打見山頂まで、後はほぼ下りです、
稜線は快適そのもの、天空の道です、琵琶湖を見おろしながら 小女郎池~権現山まで
歩きました。山からおりて駅まで歩くのはしんどいですが、気持ちの良い一日でした。
※チョットしんどいのは土日祝日はバスの本数がすくなく、JRの和邇駅まで歩かなければ
ならないことです。
※平方面への下りは台風による倒木が多く歩きにくいです。
また、同じくバス便も午後1本だけ、それも、途中まで歩かなければなりません。

写真は①蓬莱山にて ②縦走路 ③小女郎池にて

http://W

 

WALKING 4回目NO2

 投稿者:70年度 福谷  投稿日:2018年11月13日(火)21時58分44秒 om126133000148.21.openmobile.ne.jp
返信・引用
  ①権現山より琵琶湖 ②権現山にて ③下山途中の紅葉

http://W

 

(無題)

 投稿者:71'太田  投稿日:2018年11月11日(日)18時39分33秒 112-70-19-204f1.osk2.eonet.ne.jp
返信・引用
   河 村 さん
 手配は完全な個人手配です。地球の歩き方に日本語で手配可能な現地旅行会社が載っています。
私は、数社にメールで見積もりを依頼し、一社に決めかけていたのですが、marudhiHimalの手配に消極的だったので、温泉でバイトをしていて、日本語の堪能なビジャヤさんにお願いすることにしました。奥さんが日本人で、日本で子育て中で、日本語メールで奥さんを介してやり取りしました。
 現地では、英語がもう少し出来たら、もっと面白かったと思います。アジア系(ベトナム,フィリピン、タイ)の人たちが結構話しかけてきました。ベトナムの人とは、マナン・Lundruk・MardiHimalの HighCampで3回会いました。ほぼ同じコースを歩いたようです。アンナプルナBC方面は日本人少なく、3人のお爺さんに会っただけでした。
 機会があれば、マナスル(2人以上でないと不許可)やダウラギリ(キャンプでしか行けない)やランタンなども面白そうです。行くときは2人の倍数(2人部屋が多い)で行くほうが、安く部屋も取りやすいです。キャンプは多いほど安くなります(4~8人)。
 季節は10月は避けたほうがいいかもしれません、ネパール人のトレッカーが増えていて部屋を取るのが大変でした(一部)。ダサインやティファールなどで休みです。11月から12月初め。3月中旬からはシャクナゲが咲いてきれいだそうです。4月までがシーズンかな。
 

Re: アンナプルナトレッキング

 投稿者:69' 河村  投稿日:2018年11月11日(日)01時43分26秒 121-82-128-195f1.shg1.eonet.ne.jp
返信・引用
  > No.352[元記事へ]

太田郁夫殿

アンナプルナトレッキング、成功おめでとうございます。
ヒマラヤの核心部を踏破された事に心から敬意を表します。
アンナプルナやマチャプチャレ、ダウラギリなどを間近に眺め、5400mを超える峠を
超えて、地球の背骨を渡る風に身を任せ、嬲られる感覚はいか程のものでしょう。
天気やガイドさんに恵まれた事もあるでしょうが、日頃のトレーニングがやはり物を
言ったのでしょうね。

ところで、文面を拝見すると、行動は旧知のガイドとペアーで通されたようにも見え
ますが、所謂トレッキングツアーとは異なるのですか?
個人で企画するには、予算が随分安く済んだように思えますが?

出来たら、ガイドやら現地の人々、他のツーリストなどとの交流、エピソードなどを
ご報告頂くとより興味深いと思うのですが。

河村


  
 

アンナプルナトレッキング

 投稿者:71 太田 郁夫  投稿日:2018年11月 9日(金)13時03分3秒 112-70-19-204f1.osk2.eonet.ne.jp
返信・引用
  9月27日から10月31日まで行ってきました。今回は、たまたま、5月に上高地入り口の 中の湯温泉 に泊まった時、働きに来ていたガイドのビジャヤさんに会ったことで、行くことを決めることになりました。現地のホテル代、トレッキング費用は40万円で収まりました。二人なら、大分安くなったのですが。飛行機代(マイレージでとりました。)は別です。大体の日程を書きます。
9/27 伊丹-羽田 28 カトマンドゥ 出迎えあり。29 バスでベシサハルへ 30 乗合ジープでピサンへ 10/1 マナン3540m 2 アイスレイク4500mへ高度順応 3 レーダー4200m 4 トロンフェディ4500m 5 トロンパス5416m-ムクチナート3760m 6 ジョムソン2630m 7 バスでタトパニ1600m 8  シーカ1935m 9 ゴレパニ2860m 10 プーンヒルで日の出をみてタラパニへベッドとれずChulehe2600m 11 チョムロン2170m 12 バンブー2310m 13 デオラリでベッドなくマチャプチャレBC3700m 14 アンナプルナBCへハイキング 15 シヌア2310m 16 JhinuDanda1780m温泉あり 17 Landruk1565m 18MardiHimal LowCamp3200m 19 HighCamp3600m 20 MardiHimalBC4500mへハイキング少し上へ200m位登った。 21 ForestCamp3050m 22 Pothana2100m 23 カーレからタクシーでポカラへ 24 ポカラ観光 25 ツーリストバスでチトワンへ 26 ボートサファリ ジープサファリ 27 買い物 エレファントサファリ 28 ツーリストバスでKathmandu  29 ボナダート 買い物 30 バンコクへ 31 羽田 伊丹へ
 

(無題)

 投稿者:71 太田 郁夫  投稿日:2018年11月 9日(金)12時15分43秒 112-70-19-204f1.osk2.eonet.ne.jp
返信・引用
  No 1 上 ピサンへジープ乗り換え(土砂崩れ) 中 アッパーピサン 下 アイスレイク辺りからマナンTilitso方面  

(無題)

 投稿者:71 太田 郁夫  投稿日:2018年11月 9日(金)12時11分36秒 112-70-19-204f1.osk2.eonet.ne.jp
返信・引用
  No 2 上 アイスレイク辺りからアンナプルナ4峰2峰方面 中 アイスレイク4500mガイドと 下 マナン  

(無題)

 投稿者:71 太田 郁夫  投稿日:2018年11月 9日(金)12時07分27秒 112-70-19-204f1.osk2.eonet.ne.jp
返信・引用
  No 3 上 レーダーとトロンフェディの間 中 トロンフェディ手前から来た道を振り返る 下 トロンパス5416m  

(無題)

 投稿者:71 太田 郁夫  投稿日:2018年11月 9日(金)12時02分38秒 112-70-19-204f1.osk2.eonet.ne.jp
返信・引用
  No 4 上 ムクチナート 中 ジャルコット 下 ジャルコットのゴンパ  

(無題)

 投稿者:71 太田 郁夫  投稿日:2018年11月 9日(金)12時00分7秒 112-70-19-204f1.osk2.eonet.ne.jp
返信・引用
  No 5 上 カグベニ 中 カグベニからニルギリ峰 下 Shikha ダサインでポカラへの羊たち  

(無題)

 投稿者:71 太田 郁夫  投稿日:2018年11月 9日(金)11時55分19秒 112-70-19-204f1.osk2.eonet.ne.jp
返信・引用
  No 6 上 Shikha ダウラギリ方面 中 ダウラギリ 下 プーンヒル アンナプルナからマチャプチャレ  

(無題)

 投稿者:71 太田 郁夫  投稿日:2018年11月 9日(金)11時52分38秒 112-70-19-204f1.osk2.eonet.ne.jp
返信・引用
  No 7 上ディオラリ 上部 中 マチャプチャレ夕方 下 アンナプルナサウス  

レンタル掲示板
/18