teacup. [ 掲示板 ] [ 掲示板作成 ] [ 有料掲示板 ] [ ブログ ]

 <思いやりのあるコミュニティ宣言>
 teacup.掲示板は、皆様の権利を守りながら、思いやり、温かみのあるコミュニティづくりを応援します。
 いつもご協力いただきありがとうございます。

 投稿者
  題名
  内容 入力補助画像・ファイル<IMG>タグが利用可能です。(詳細)
    
 URL
[ ケータイで使う ] [ BBSティッカー ] [ 書込み通知 ] [ 検索 ]


Re: 書き忘れた質問

 投稿者:75年度藤岡  投稿日:2020年10月30日(金)11時37分11秒 flh2-133-206-96-192.osk.mesh.ad.jp
返信・引用
  河村さん
書き込み有難うございます。
私が現役のころ(故あって81年まで)は少なくとも河村さんの書かれた状況で、ロックトレ前日のお堂泊、新歓コンパ・歩荷トレの幕営も規制は有りませんでした。
調べなおしていたらクライミングジャーナル17号(1985.5)には規制事項は有りませんが、岩雪127号(1988.4)では駐車幕営禁止の注意書きがありました。
名称は共に「ゲートロック」とありました。
「レッドロック」は当クラブの固有の名称だったのか。作者(江良竜一、久野隆史とある)の間違いが記事と共に広がり一般化したのか?
 
 

Re: 書き忘れた質問

 投稿者:69' 河村  投稿日:2020年10月28日(水)17時27分17秒 119-231-55-190f1.osk2.eonet.ne.jp
返信・引用
  > No.431[元記事へ]

> 前から気にはなっていたのですが、DAAでは私が現役のころはもとより現在も金毘羅の南面最初のフェースをレッドロックと呼んでいますが、いくつかのルート本にはいずれもゲートロックと記されています。
> 確かに最初の岩場つまり門ということでゲートロックの方が正しい(岩も特段赤色でもないし)のかとも思います。いずれかのタイミングで口伝の中で「ゲート」が「レッド」に訛ったのか?
> 私より先輩の方々で何かご存じな事が有れば書き込み頂ければ有難いのですが。

 私が入学したのは69年度ですが、金毘羅さん麓の江文神社の拝殿がまだ解放されており、
広い板の間に前夜泊まり込んでは、一日中金毘羅の各岩場を飽きるまで登りこんでいたものです。
 少し横の河原には手頃な広場があり、歩荷前夜など、事ある毎に焚火を囲んでは安酒を呷って
いたものですが、今では夢物語という所でしょうか。

 ”レッドロック”という名称は、当時からそう呼称されており、いきなり覆いかぶさるように
屹立するその壁は、逆相気味で特に夜来の雨などでぬれている時などは陰惨なイメージがあり、
少し赤茶けた岩肌と相俟って、しっくりとその名が記憶に収まったのを覚えています。
 ただ、何時頃からか、”ゲートロック”という名称が一般的には使われているらしいというのを
知りましたが、昔から呼び習わされてきた名称を、ガイドブックか何かで記載された名称に従う
のも潔しとする気分にならず、同好会としては敢えて無視してきたのが本音かなという気がします。

 もう各ルートの技術的困難度が事細かに数字で設定され、ルートやギヤー類、テクニック等の名称が
全て横文字と化し、符牒で呼び習わされている現在、昔のノスタルジアに拘っても無意味だと思います。
 どうぞ、一番自然と思われる呼称に従えば良いし、ノスタルジー覚える方々はどうぞそのままでいて
結構かと思います。

河村 徹

 

書き忘れた質問

 投稿者:75年度藤岡  投稿日:2020年10月27日(火)20時00分28秒 flh2-133-206-96-192.osk.mesh.ad.jp
返信・引用
  前から気にはなっていたのですが、DAAでは私が現役のころはもとより現在も金毘羅の南面最初のフェースをレッドロックと呼んでいますが、いくつかのルート本にはいずれもゲートロックと記されています。
確かに最初の岩場つまり門ということでゲートロックの方が正しい(岩も特段赤色でもないし)のかとも思います。いずれかのタイミングで口伝の中で「ゲート」が「レッド」に訛ったのか?
私より先輩の方々で何かご存じな事が有れば書き込み頂ければ有難いのですが。
 

低山歩きと金毘羅ロック

 投稿者:75年度藤岡  投稿日:2020年10月27日(火)19時35分44秒 flh2-133-206-96-192.osk.mesh.ad.jp
返信・引用
  前報告の東高座岩クライミングで書いたように、この7か月あまり、運動不足、筋力低下、ウェイト増となっているので近場の低山で体力づくりを目論む。
自宅から自転車でアプローチしピークに向かう。このやり方の良いところは、自宅が海抜5m位なのでピークの高さがそのまま登った高さになるところ。
良くないのは自転車回収のためルートが制限されピストンになるところ。

10/16 天王山(270m) 10/14 阿武山 (281m)  10/16 高ケ尾山(480m)金毘羅山(561m)とコロナ禍体力低下回復に勤しんでいます。

今年に入り、旧友との岩登り再開のおかげで、岩に行けるようになったが姫路の御着、生瀬の東高座岩とアウェイ続き(私が行ったことが無いというだけなのだが)。
友人が20年以上前に一度だけ金毘羅にいったことが有ると言うので、ご案内かたがた、たまにはホームでと10/26(月)金毘羅へ向った。
友人はここしばらくリード・フォローで登っていない(リードしてロープダウン、その後トップロープ)とのこと。兵庫の新しい岩は下降ルートが無いものが多い。
そこで金毘羅で唯一マルチピッチ風になる、北面Mフェース(ノーマル5.6)からKスラブ(ノーマル5.7)と藤岡リードで登り、Y懸の頭で昼食。
その後大カンテを登るつもりで探したが、踏跡が判然としないので中止し、4コルより下りチムニー(チムニー5.5)も藤岡リード。
ピラミッド(ノーマル5.7)およびゲートロック(右壁中央5.7)は友人がリードで登攀終了とした。
二人とも今年で晴れて高齢者にカウントされたわけだが、「学生時代(40年以上も前)はビブラム底の皮靴で登ってたんだよな。これはなかなかすごいことだ。」
と話し合った。(ラバーソールのクライミングシューズを履いたのは80年代半ばのような記憶があるような‥‥。)
思い出してみると入部後始めての金毘羅では地下足袋で登ってる4回生もいらしたな(これはこれで一応ラバーソールシューズか)。
一年前に比べ各ルートはハンガーボルトによる中間支点の整備が進んでおり安全性が格段に上がっているが、古いハーケンの部分も有るので、クイックドロー
だけでなく、ロープスリングかダイニーマスリングが何本かあると通し易いし、安心感が違う。

現役時代は同期の篠原と北岳バットレス、前穂、北尾根4峰、明神などのクライミングを目指して、一日に10ピッチ以上は登ると目標を立てフェースからフェースに
駆け回っていた記憶ばかりが残っているが、今回Mフェース、Kスラブでセカンドを確保しながら景色を眺めていて、こんなにきれいに大原の里が開けてい見えて
いたんだと気が付いた。
とにかく金毘羅貸し切りの静かで爽やかな秋の一日でした。

 

西穂~奥穂高

 投稿者:88年度 小川  投稿日:2020年10月 9日(金)21時05分33秒 M014010128096.v4.enabler.ne.jp
返信・引用 編集済
  > No.428[元記事へ]

休暇を取り、久しぶりに西穂から奥穂縦走。
槍まで行く予定でしたが、台風接近で天候が悪くなることが予想されたため、奥穂から涸沢におりました。
涸沢は紅葉で相変わらずの大人気。コロナはどこに。

10月5日 新穂高温泉~西穂山荘 テント泊
10月6日 西穂山荘~西穂~間ノ岳~ジャンダルム~奥穂 穂高岳山荘 テント泊
10月7日 穂高岳山荘~涸沢~上高地
 

藤岡君の元気に感動

 投稿者:56年度 河﨑  投稿日:2020年10月 4日(日)19時23分2秒 pknn003-043.kcn.ne.jp
返信・引用
  今の私の病状からは、3年前まで同じ症状で療養生活をされていたとはとても信じられない回復ぶりに大きな感動を受けています。道場不動岩は卒業後OB,OGたちとよく通った岩場で、昭和38年頃の秋、OB会と白馬登高会で岩登り交流会を行い、その晩、竹内君と謙ちゃんとミナミで打ち上げをしました。いつも、思い出ばかりで申し訳ありません。  

東高座岩クライミング

 投稿者:75年度藤岡  投稿日:2020年10月 4日(日)16時40分55秒 flh2-133-206-96-192.osk.mesh.ad.jp
返信・引用
  友人が誘ってくれたので、10月27日JR生瀬駅に集合して岩登り。
蓬莱峡ではありません。生瀬から武田尾に向かう(廃線となった)かつての福知山線の最初のトンネルの手前に見えていた、武庫川左岸の岩場です。
斜面の上下に二つのフェースが有り、合計10本ほどのルートが有るのですが、ほとんどが10a以上でムズイ、ムズイ。
コロナ禍もあり、ここ半年以上まるでトレーニングできてないうえ、体重増加もあり登れたのは写真アップした2ルートだけでした。(5.6と5.8)

不要不急と言われる遊びかもしれませんが、この歳になると不要ではあっても決して不急とは言えません。「山は逃げる」のです。
いつまで岩登り出来るんかな??
 

近場で山気分

 投稿者:寿田07年度生  投稿日:2020年10月 3日(土)21時20分4秒 zaq3d2e27d7.zaq.ne.jp
返信・引用
  ご無沙汰しております。07年度生の寿田です。

3年半ほど前に結婚してから2人の子供に恵まれて、夫婦で子育てに奮闘という感じで、山歩きとかゴルフとかの自分の趣味の時間は全く取れなくなってしまいました。

ただ最近下の子がほぼ1歳半になってそれなりに歩けるようになったのと、涼しくなってきたので、家から10-15分ほど道を登った先にある池に家族4人で土曜か日曜に散歩に行くようになりました。

都会から少し歩けば自然の中に出られるのが、神戸の、今住んでる家の良いところです。森林浴で濃い空気を吸うととても気持ちが良いです。

当面の目標は池を一周することです。今はまだ1/4くらいで引き返しているので。徐々に歩く距離を延ばして、いつかその先の山まで登れたらいいですね。

相変わらずコロナに苛まれる世の中ですが、皆様も健康にお気をつけて、それぞれの山ライフを楽しんでください。それではまた。
 

ピッケル販売報告

 投稿者:運営委員長70年度下山博充  投稿日:2020年 9月29日(火)14時24分25秒 p4492002-ipoe.ipoe.ocn.ne.jp
返信・引用
   永らくお預かりしていましたピッケル5本がこの度販売できましたのでご報告します。
売上金額(44,000)から経費を差し引いてた30,800円をDCAC会計へ入金いたします。
57年度乾さん、71年度古田さん、72年度稲垣さん、73年度高橋さん、75年度藤岡さんありがとうございました。
 今後とも皆さん方から「山道具」の提供をお願い致します。
 ※ピッケル、アイゼン、コンロ、輪かんじき等々何でも結構です。
ピッケル販売の詳細以上下山
 

DCAC諸行事を当面中止

 投稿者:運営委員長70年度下山博充  投稿日:2020年 9月29日(火)13時29分35秒 p4492002-ipoe.ipoe.ocn.ne.jp
返信・引用
   新型コロナの騒動が続いていますが、DCACとしては状況の好転が見込まれるまで諸行事を中止します。
 なお状況が好転しましたら、ご案内致します。

1、今までの行事
 (1)関東・関西での夏の行事
 (2)WALKING
 (3)山菜採り(白馬周辺)
2、これからの行事
 (1)プレ山行(白馬周辺を予定)
 (2)キノコ狩り( 同 上 )
 (3)年末年始の懇親会

 会報については、遅れておりますが発行してゆきたいと考えております。
以上下山
 

小川殿ご苦労様!

 投稿者:69' 河村  投稿日:2020年 9月24日(木)12時45分16秒 119-230-87-26f1.osk2.eonet.ne.jp
返信・引用
  連休中で大変だったみたいですが、天気にも恵まれ良かったですね。
単独行ですか?
又、現役の連中も連れて行ってやって下さい。

上高地の松下氏も元気そうな様子が伺えて何よりですが、松下氏も日常の活動状況など投稿して頂けたら嬉しいです。
 

穂高

 投稿者:88年度 小川  投稿日:2020年 9月22日(火)22時12分29秒 M014010128096.v4.enabler.ne.jp
返信・引用
  連休を利用して穂高に行ってきました。
今回は天気に恵まれ気持ちのいい山でした。
9月20日 上高地~涸沢
  テンバは激混み。小屋泊まりを制限しているためすごい数のテントでした
21日 涸沢~北穂~奥穂~ジャンダルム~奥穂~涸沢
22日 涸沢~上高地
  松下さん、久しぶりにお会いできてよかったです。
 

金毘羅ロックトレ同行

 投稿者:75年度藤岡  投稿日:2020年 9月14日(月)21時00分3秒 flh2-133-206-96-192.osk.mesh.ad.jp
返信・引用
  DAAブログを見ておられるOBはご存じと思いますが、8月下旬に現役諸君の活動が再開となりました。
ただし、未だ日帰り山行も回数制限が有るようで、ひと月前に次月計画を提出し大学に許可を取る必要があるとの事。BOXも滞在時間15分と聞きました。

9月7日、9日、12日と2回生村田君と4回生早川君が、新人指導に向け岩登り技術アップを行うとの事で、9日に金毘羅に同行しました。
村田君のY懸尾根トップのトレーニングからY懸頭でのリードの練習を確保しながら拝見。
ついでにクイックドローのセット方法、ロープを通す方向などを教えておきました。

二人とも懸垂下降(我々の頃はアップザイレン、今はラッペル(米)と言いますが)をやったことが無いとのことゆえ、ATCとマッシャーバックアップでのラッペルを指導しておきました。
岩登りの事故で一番多いのが懸垂下降とも言われており現状の活動で懸垂下降が要るのかとの意見もありましょうが、安全確保の注意点も含め伝えておきました。

昔は下降アンカーのセットは、スリング三角形の2本にロープを懸けると、一本のハーケンが抜けたらロープが外れるので必ず一本懸けするようにと言われ、技術書にもそう書かれてましたが今では、こいつは『アメリカン・デス・トライアングル』と呼ばれ、やってはいけない方法となっていたりするわけで。

新人全員に訓練をする必要は無いが、岩登りをやろうというメンバーには技術伝承をしてほしい。
ただし最初はザイル確保したうえで繰り返しトレーニングするように伝えておきました。

40年以上前の事ゆえ、私が習ったのは肩がらみの懸垂下降。
これはこれでロープさえあれば下降可能で有効な技術なのですが、一つ間違えるととんでもない事故に直結するわけで。
あのころ事故が無くて本当に良かったと思うところです。確実に死亡に直結しますから。

その後フェースを何本か登ろうと思い、カルピス(チムニーの左奥)を登ったのですが、登り終わったころに強い雨が降り出し、下山となりました。
チムニーでトップロープのやり方を教えるつもりだったのですが残念。
このあたりは次の機会にと思っています。
 

ペテガリの思い出

 投稿者:56年度 河崎  投稿日:2020年 9月 2日(水)02時47分39秒 pknn003-043.kcn.ne.jp
返信・引用
   後藤、松下という何となく奇妙なペアーによる北の大地の山行報告楽しく読ませて貰っています。特に今回は動画があり、思わず昔行ったペテガリの沢を思い出しました。次は日高の山を目指すとか、ぜひペテガリにも行って下さい。
 昭和39年(1964)の夏、かつて中学時代に登山の手ほどきをした帯広畜産大山岳部の教え子から誘いを受け、ペテガリ岳に登りました。途中、ポンヤオロマップとペテガリカールで、ヒグマの恐怖を意識しながら露営、翌朝頂上から尾根筋を下り始めたがブッシュがひどく、直接沢に降り、高巻きを繰り返しながら2度のビバークを経て、やっとサツシベチャリ川本流に出た。まだその頃はペテガリ山荘もなかった。因みに田中陽希は2年前1泊で同コースを踏破している。
 帯広に下山後、山やお馴染みの「ハゲ天」で食べた天丼がいまだに忘れられない。まだあの店はあるだろうか?帰路、札幌で新婚時代の萱野君の家を訪ね、夫婦で歓待されたことも懐かしい思い出です。もう60年以上も昔の話である。

http://web1.kcn.jp/ktkawasa/

 

クワウンナイ川遡行外伝

 投稿者:82年度生 松下裕之  投稿日:2020年 9月 1日(火)21時23分37秒 softbank221028095125.bbtec.net
返信・引用
  後藤さん:「まつしたぁ~、ソーセージ持ってるかぁ?」

松下:「ありますよ。なんに使いますん?」

後藤さん:「イワナ(オショロコマ)釣るねん。」

松下:「そんなんで、イワナ、釣れるわけありませんやんっ!!」(イワナ釣り歴:一応30年)

後藤さん:「ええからよこせっ!!」

3分後・・・

後藤さん:「まつしたぁ~、釣れたで。」

松下:「ほんまかいなぁ!?・・・ほんまやぁ\( ゚Д゚)/」

その後、後藤さんは、ソーセージで大小7匹のイワナ(オショロコマ)を釣りあげました。

私事ですが、
現在、環境省アクティブレンジャーとして上高地に勤務しています。
事務所は、上高地バスターミナルのインフォメーションセンター2階にあります。
上高地にお越しの際は、是非、お立ち寄りください。
 

クワウンナイ川遡行

 投稿者:82年度生 松下裕之  投稿日:2020年 8月31日(月)22時32分58秒 softbank221028095125.bbtec.net
返信・引用
  「クワウンナイ川、行くぞ!」
6月初め、後藤さん(旭川在住)からメールが届きました。
2年前、連日の大雨で延期になったミッションです。

クワウンナイ川。
大雪山系トムラウシ山と化雲岳のコル附近が源流。全長13キロ。
「滝ノ瀬十三丁」(1250m付近)は2キロ近くに及ぶコケの生えた滑床。

この沢は、技術的に難しい沢ではないですが、増水時はすさまじいことになるようです。
かつて「日本一美しい沢」と雑誌に掲載され、沢に不慣れな者が多く入渓し、死亡事故等が多発したことから1987年から2003年の17年間、入渓が禁止されていました。
(現在、条件付きで一部解除)

今回は、後藤さんのお兄さん(帯広在住)、
お兄さんが会長を務める山岳会の2名もご参加いただき、計5名での遡行となりました。


【記録】
8月17日(月)
松下:安曇野 → 旭川

8月18日(火)
天人峡温泉附近取付6:30~12:15二俣13:15~14:00滝ノ瀬十三丁~15:20ハングの滝~17:10二俣の滝上部

8月19日(水)
二俣の滝上部7:00~12:40化雲岳~18:20天人峡温泉(悪天候のためトムラウシ山はキャンセル)

8月20日(木)
強烈な筋肉痛のため、後藤さんも私も寝たきり。
寄る年波には勝てません!

8月21日(金)
強烈な筋肉痛のため、私は寝たきり。
後藤さんはお仕事。

8月22日(土)
松下:旭川 → 安曇野


後藤さん曰く、「来年は日高や!」
・・・日高のヒグマは狂暴ですやん・・・。(松下の内心)


【動画】(HDでご覧ください)

滝ノ瀬十三丁


 

劔 立山

 投稿者:88年度 小川  投稿日:2020年 8月15日(土)09時22分22秒 M014010128096.v4.enabler.ne.jp
返信・引用 編集済
  夏休みを利用して劔、立山に行きました。
立山はあいにくの雨、劔は雨は降らずも一面ガスでしたが、最後に奥大日から劔の朝焼けを見ることができ、楽しい山行でした。先月の槍も終日雨でほんと私は雨男です。
コロナから皆避難してテン場は盛況でした。

8月9日 室堂ー雄山ー別山ー剣沢キャンプ場
8月10日 劔ー雷鳥沢キャンプ場
8月11日 奥大日ー室堂
 

がまさん

 投稿者:82年度生 松下  投稿日:2020年 8月14日(金)07時44分41秒 softbank221028095125.bbtec.net
返信・引用
  今年の8月23日は、がまさんが亡くなってちょうど10年になる日です。

最近のOB・OGはご存じないでしょうが、がまさん(1960年度生小林俊紀さん)はクローバー山岳会の立役者のひとりでした。
また、多くの会員の方々が、がまさんのお世話になったことと思います。私も山にスキーにとたいへんお世話になりました。
DCACホームページはクローバー山岳会会員皆さんのものなので、トップ写真に特定の会員が明確にわかるものは使わないように心がけてきました。
ただ、今年は、私の勝手な思いもあり、がまさんが写っている写真をトップに使わせていただきました。

もう10年も経つんですね。。。がまさん、ありがとうございました。


 

心癒される素晴らしき一コマ

 投稿者:56年度 河崎  投稿日:2020年 8月 7日(金)09時59分9秒 pknn003-043.kcn.ne.jp
返信・引用
   何か月か前からホームページの画面に現れる元会長の清水君と故小林君が朝の談笑をしている山の写真、我が会の雰囲気が如実に表れているショットで、2人の会話が聞こえてきそうです。控えめに手前に写っているのは岩滝君で、撮ったのは松下君でしょうか?山に行けない闘病生活の身に希望を与えてくれる素晴らしい一コマです。知らない山行の写真、今後も期待しています。

http://web1.kcn.jp/ktkawasa/

 

(無題)

 投稿者:75年度藤岡  投稿日:2020年 3月25日(水)18時34分12秒 flh2-133-206-96-192.osk.mesh.ad.jp
返信・引用
  雪彦山は皆さまご存じの通り、福崎の北西、夢前川の源流に有りますが、今回の場所は山陽本線姫路駅の一つ手前、「ひめじ別所駅」の近くでして、この辺りに3か所のゲレンデが有ります。
海岸線の小赤壁(しょうせきへき)、それと御着(ごちゃく)・山神社です。
私の持っているルートブックでも、「関西の岩場(林照茂)1985年」には載ってませんし、「日本の100岩場 東海・関西(北山真)2002年」は小赤壁だけが載ってます。今回友人がくれたトポ図(ルート図)は手書きだったので、おそらくルートは80年代以降のフリークライム活動の中で開拓されたのではと思います。(ビブラム登山靴では全く歯が立たないと思います。)
場所はカシミールの地図(国土地理院も太っ腹です。無料ソフトとデータですから)を添付します。
左の丸が御着、右が山神社です。

スマホの画像整理してたら、3月9日の現役ロックトレの写真が有りましたので、ついでにご報告。
日  程 2020年3月9日(12日にも実施したと報告もらいました)
メンバー 海老名(M2) 寺部(3) 橋本(2) 村田(1) 藤岡(OB)
内  容 2回生以下がYケン尾根をトップで登れるように訓練。
     Yケンの頭アップダウン(セカンド確保技術習得と各自の登攀技術アップ)
     一部村田がアイゼントレ

昨年から現役のロックトレに何度か参加してますが、いつもノーロープでYケン頭のアップダウンを見ていました。もしトラブって滑落(忍び寄る老いを感じる時もあり)したら、協力どころか彼らに迷惑をかけてしまうと考え直して、今回はロープを張りアセンダーでセルフビレーを取りました。やはり動きやすいし安心感が違います。

現役の現状としてはYケン尾根・頭が彼(彼女)らが経験している登攀場所(北尾根も登るみたいですが、私は同行してません)です。
ロープワーク技術を伝えることはクラブ組織として重要ですが、何のためにロープを結ぶのか(彼らなりのモチベーション)については、私はよくわからないのが正直な気持ちです。
また現役メンバーが自分たちのやりたい山行の形をしっかり考えて欲しいとも思っています。
 

レンタル掲示板
/21